医療教育情報センター

No23 新研修医制度スタート −医師育成は全国民の問題!

 今春から新しい研修医制度がスタートした。第二次世界大戦の敗戦後、アメリカ の指導により医科大学卒業生に1年間のインターン制度が開始された。この制度は内 科、外科など全診療科をローテイトするもので(フル・ロテーション研修)、医師候 補者が包括的な医療知識を身につけるためにはよい制度であった。ところがインター ン修了後に医師国家試験の受験資格が与えられたため、インターンは学生でもない、 医師でもないという身分の確立していないものであった。更にインターンは無給で生 活の保障がなかったので、昭和41年頃にインターン闘争と呼ばれる学生運動の対象 となり、当時の厚生省は財政的な理由から昭和43年にこれを廃止してしまった。そ の結果、医学生は大学を卒業すると、大部分の人は母校の各講座あるいは医局と呼ば れる組織に直接入り、卒後研修を受けるようになった。例えば、耳鼻科講座へ入れ ば、初めから耳鼻科の研修を受けることとなり(ストレート研修という)、大変な 問題を生んだのである。
 新制度は、内科、外科、産婦人科、小児科、精神神経科、救急医療、地域保健な どを2年間で研修するというものである。これが、病院から大学への医師の引き上げ 問題に発展した事はマスコミで報道されたところである。
 どの病院で研修をするかをマッチングで決める事となっている。病院には研修医 受け入れ定員があり、医学生はよい研修を受けられる病院、大都会の病院、給与等な どを考えて病院を選ぶこととなるが、医学生の希望と病院側の定員数及び選抜結果が 合致するとは限らないので、医学生の志望順位と病院の選抜順位を合致させるやり方 がコンピュータを使ってのマッチングと呼ばれ、その基本的なやり方はアメリカから 学んだものである。
 しかし、アメリカとは根本的に違っている点がある。アメリカでは専門医になる ためのレジデント(住み込み医の意味)という研修制度があり、このレジデントの各 診療科別の定員が決まっていて、それにマッチングを使っているのである。従って内 科専門医になる人、小児科専門医になる人の数が全米で決まっている。このことは、 医師の専門別の偏在を回避し、医師育成は国民の将来のためであり、全国民の責任で 行われるものであるという国民意識の根本的な相違を示している。(IS)

(No023;2004/06/25)


戻る