医療教育情報センター

脳血栓溶解療法

 血栓を溶解させる薬剤t-PA(組織プラスミノーゲンアクチベーター)が2005年10月より脳梗塞治療にも保険適応を受けることになった。その有効性は科学的根拠により世界的に認められており、一日も早く日本での使用が可能になることが望まれていた。この薬剤は有効だが、脳梗塞が発症して3時間以内の早期でなければ使用できない。脳梗塞が発症して時間が経つと、血栓で詰まった部位より末梢の動脈壁に変性が起こり、この時期に血栓を溶解して血流を再開すると血管が破れて脳出血を起こす危険性が大きくなるからである。
 脳血栓溶解療法を適切に受けるためには、出来るだけ早く専門病院を受診して、早期に診断をしてもらう必要がある。
 脳梗塞の始まりの症状としては、突然、半身が動かなくなる、感覚が鈍くなる、言葉が喋り難く呂律がまわらなくなる、めまい、などがある。特に脳梗塞の危険因子(リスクファクター)とされている高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、腎障害などを持っている人にこのような症状が見られたら、一刻も早く脳卒中を専門としている病院、あるいは神経専門医のいる病院を受診することを勧めたい。
 専門施設では症状の起こり方や経過を詳しく聞いてから、神経学的検査をして脳卒中の診断がつけば直ちに頭部CT検査により脳出血でないことを確認すると同時に、梗塞のためにすでに脳組織に形態的な変化がCT所見に見られないかを診断する。施設によってはMRI、SPECTなどさらに詳しい検査をしてから血栓溶解療法を開始しているようである。合併症として出血性脳梗塞になることがあるので、その危険性についても患者さんに十分説明して、納得の上でこの治療を受けるかどうか決断しなければならない。これだけのことを症状が発現してから3時間以内にすませなければならないので、患者さんが出来るだけ早く病院に来ることが、血栓溶解療法を受けられるかどうかの決め手になる。
 発症から3時間というのはあまりにも短いので、3時間以上経過しても安全に血栓を溶解する治療ができないか、検討されている。
 これまでの脳血栓の治療法としては急性期の発症から5日以内は血栓溶解のために低容量のウロキナーゼの点滴静脈内投与が行われていたが、この治療法には十分な科学的根拠は得られていない。 (SF)

(No044r;2007/10/26)

新しい診療理念・バックナンバー