医療教育情報センター

No197 ダニ媒介疾患“重症熱性血小板減少症候群”の国内患者確認

 厚生労働省は、新しいダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群」に長崎県の60代男性が感染し、2005年秋に死亡していたことが確認されたと2月26日発表した。感染は国内で5例目。これまで山口県の成人女性(13年1月)、愛媛(12年秋)、宮崎(12年秋)、広島(12年夏)各県の成人男性の計4人の死亡が確認されていた。感染が確認された5例は直近の海外渡航歴はなく国内でマダニにかまれて感染したとみられるが、マダニにかまれた刺し口は見つかっていない。マダニは全国に広く生息し、春から秋の間に屋外で活動する。感染すると1〜2週間後に発熱し、嘔吐や血便などの症状が出る。治療法が見つかっていないため、草むらなどに入る際は肌の露出を控えて、かまれないよう予防する必要がある。
 長崎県によると、同県の男性は、頭痛と発熱を訴えて近くの医療機関を受診。入院先の別の病院で発症から9日目に死亡した。凍結保存していたこの男性の血液を国立感染症研究所で検査し、ウイルスの遺伝子型から判明した。  厚労省の担当者は「09年に中国で本症が集団発生したことが分かっているが、日本ではそれより前(05年)に本症が存在していたことが分かった」、「本症は11年に初めて原因ウイルスが特定された。これまでの研究で致死率は10〜30%とされる」としている。」(SS


マダニ 重症熱性血小板減少症候群 国内感染例 予後 ウイルス遺伝子型
(No197n;2013/03/08)


医療ニュース・バックナンバー