HOME ご挨拶

特定非営利活動法人 医療教育情報センター 閉会のご挨拶

 特定非営利活動法人・医療教育情報センターは平成29年7月で閉会することになりました。思えば平成14年11月、日本医学教育学会で医師養成に励んでいたOB有志たちが集まって、医学知識や医療情報を患者さんや一般市民に正しく提供する活動をボランティア精神で始めてから15年が過ぎました。
 設立は一般市民に医療情報を正しく理解してもらう、というPublic Understanding of Medicine(PUM)の理念に基づいたものでした。怪しげな民間療法や医療否定本が氾濫する中で、進歩する医学や世界に冠たる日本の医療制度を適切に伝えるのは、私たち医療従事者の責務であると考えました。市民公開シンポジウムや健康相談セミナーなどの他、インターネットを用いた啓蒙活動も私たちの大きな仕事の一つでした。それがホームページでした。平成15年8月に開始され、「医療ニュース」は2週に1度、「新しい診療理念」は4週に1度更新され掲載されました。原稿は7名の理事が、それぞれ専門の立場から交代で執筆し、平成29年7月の閉会までに、「医療ニュース」は282篇、「新しい診療理念」は143篇が掲載されました。これらは医療教育情報センターの一つの財産であると自負しており、DVDに全編収載する予定でおります。
 これまで長い間このホームページをご愛読いただいた方々に厚く御礼申し上げます。なお医療教育情報センター本体の活動は終了しますが、ホームページによる「医療ニュース」や「新しい診療理念」は4週に1度提供していく予定ですので、これまで通りご愛読いただければ幸いです。また、平成29年7月以前の記事については、手を加えずにそのまま掲載しております。これまでのご厚情に対しまして厚く御礼申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

平成29年7月
特定非営利活動法人 医療教育情報センター
理事長 橋本信也