HOME 新健康百話

新健康百話

カラダに何か良いことしていますか?
No004h (2018/08/15)
 理想体重を保つ、受動喫煙しない、アルコールを飲みすぎない、などの生活習慣病予防のうち、多くの人が苦手なのは、運動をすることのようです。運動を生活の中に取り入れて、楽しみの一つにすることが良いと考えています。
 70歳になった時運動の目標を立てて、楽しみながらこれを70歳代の10年間で達成することを目指しています。ウォーキングで4000万メートルの地球一周を目標にしました。これは日に11キロメートル弱で、歩数にして私の場合は一歩0.6メートルなので、毎日18,300歩位になります。これは職場への往復をワォーキングにしてからは楽に達成できます。歩きながらその現実の場所の動・植物や文化遺産や地理(地球物理)学や考古学的な興味を追求しながら、また合計の距離から地球のどの辺に当たるかを地図上で計測し、その地域の歴史や文化や地理学や考古学の書物を図書館から借りて読み込んで、楽しんでいます。
 この地球は私を含むホモ・サピエンスが生まれた星なので、私に関係がありますが、宇宙から見るとあまり普遍的ではない気がします。そこで宇宙で最もポピュラーな最速の波であり粒子である光に関連した距離をこの10年間で泳ぐことにしました。光が1ミリ秒に進む距離は約300万メートル(正確には2,997,924.58メートル)です。この光速の測定によりメートル原器が改訂されました。この距離は1年間30万メートルで、1ヶ月に25キロメートルで、私は1時間快適に等速で泳ぐと2,500メートルなので、月に10回プールで1時間ずつ泳いでいます。これは私にとっては本当に楽しい時です。
 一気に空気を吸い込んで、次に吸い込むまで呼吸を止めずに鼻から吐き続けます。腕は前下方45度にまっすぐに水底の身体の正中線めがけてやや内方に伸ばします。時たま母指の爪のあたりから空気の泡が連続してでているように見えることがあります。人間の身体が何と美しいのかと心動きます。足は反射で腕の動きと連動して、ゆっくりとスクリュー運動のように泡を出さず、水しぶきを上げずに水中で下半身の位置を保っています。プールにある時計の分針が動いた時に泳ぎだすと、60分後に25メートルプール50往復してスタート地点に達します。こうして泳いでいると、時に座禅での無我の境地に至ることに気付き、これが泳ぐ楽しみの重要な一つとなっています。
 あと3年半位で私の70歳代が終わりますが、この目標が完遂できるかどうかは、私の健康状態、わが国を中心とする世界の平和、わが国の大災害、などが重要な要因になりそうです。どの条件も不明ですが、運命とも言えます。第2の条件を最も恐れています。わが国の近未来に戦争の影がだんだん濃くなってきています。日常の個人的な小さな楽しみが戦争によって閉ざされないように死力を尽くすつもりです。  
SS
     生活習慣病予防運動目標
関連記事サイト内検索  :記事の最後のイニシャルをクリックすると、同じ著者の記事を検索できます。
       
【新健康百話バックナンバー】
2017/09/15 Noh001 日野原重明先生の健康法とスピリチュアリティ
2018/04/02 Noh002 フレイル
2018/06/15 Noh003 職場のメンタルヘルスを考える