HOME 知っておきたい新着情報 No.0001j

知っておきたい新着情報

医薬品(バイアグラ)を含んだ健康食品に注意
厚生労働省ホームページ 2013年8月9日掲載、新着情報

 バイアグラは一般名(学術名)をシルデナフィルクエン酸塩と言い、歴とした医薬品である。「勃起不全」に使用される薬であるが血管拡張作用があるので、高血圧や狭心症の薬である硝酸薬(ニトログリセリン、亜硝酸アミルなど)と一緒に飲むと、過度に血圧を低下させる恐ろしい副作用があり、死亡例も報告されている。バイアグラの他にもタダラフィル(商品名:シアリス)、パルデナフィル(商品名:ルビトラ)も医薬品として市販されている。
 今回、これらの医薬品成分の入った健康食品が市中に出回っていることが分かったので、厚労省は注意するよう呼びかけた。今回の情報によると、これらの健康食品はほぼ全国に出回っており、商品数は356種に及んでいる。多くは「滋養強壮、精力増強」を宣伝文句としているが、中には「男性機能が衰えたと感じた人に」、「生涯現役を目指す貴男へ」といったのもある。剤型は錠剤、カプセル、粉末などさまざまであり、原産国は日本もあるが、中国が圧倒的に多い。因みに新聞・雑誌の広告などで見る商品名として「元気王」、「男王」、「男王枸杞力」、「紫電」、「神農不老寿」などの名前が挙がっている。
 医薬品を混ぜていた健康食品についてはこれまでにも報告例があった。例えば「血糖を安定させる」と宣伝した健康食品に本当の血糖降下薬が入っていたり、「ダイエットに」という宣伝文句で実際に甲状腺ホルモンが入っていた報告がある。
 各自治体では健康食品の試買調査を行い、医薬品が入った健康食品を発見した時は販売中止、回収を行っている。我々も健康食品に頼らず、栄養のバランスを考え、過不足のないカロリーで、3度の食事を摂ることの方が大切であることを繰り返し強調したい。
(NH)
(2013年8月21日 No0001j)