HOME 知っておきたい新着情報 No.0004j

知っておきたい新着情報

65歳以上が「4人に1人」 ―敬老の日にちなんで―
総務省統計局ホームページ 平成25年9月15日発表

 総務省は敬老の日に因んで、9月15日現在のわが国の高齢者の現況を発表した。65歳以上の高齢者人口は3186万人で、総人口に占める割合は25.0%となり、人口、割合とも過去最高となった。つまり日本人の4人に一人は高齢者ということである。前年度(平成24年)に比べると、112万人、0.9ポイント増加した。これはいわゆる団塊の世代(昭和22―24年の第一次ベビーブーム期に誕生した世代)のうち、昭和23年生まれが、新たに65歳に到達したことによると考えられる。男女別にみると、男性は1369万人(男性人口の22.1%)、女性は1818万人(女性人口の27.8%)で、女性の方が男性より449万人多い。
 年齢別にみると、70歳以上人口は2317万人(総人口の18.2%)、75歳以上人口は1560万人(総人口の12.3%)、80歳以上人口は930万人(総人口の7.3%)であり、いずれの年齢層も昨年より増加している。  高齢者人口の総人口に占める割合は、年々増加しており、昭和60年には10%を超える程度であったが、20年後の平成17年には20%を超え、さらに8年後の平成25年には遂に4人に1人が高齢者ということになった。この割合の上昇は今後も続き、平成47年には3人に1人が高齢者になると推計されている(国立社会保障・人口問題研究所)。
 高齢者の就業状態をみると、平成24年の高齢者の就業者数は595万人で、前年に比して24万人の増加で過去最高である。また15歳以上の就業者総数に対する高齢者の割合は9.5%で、これも増加傾向にある。また高齢者人口に占める就業者の割合は、男性が27.9%、女性が13.2%であるが、このうち、65〜69歳の就業率は、男性が46.9%、女性が27.8%と、いずれも前年より増加している。
 高齢者の有業率(高齢者人口に占める普段働いている人の割合)を、都道府県別にみると、男性は長野県が最も高く(38.5%)、次いで山梨県(36.6%)、島根県(36.1%)の順である。女性も長野県が最も高く(19.7%)、次いで山梨県(18.9%)、静岡県(18.0%)の順である。
 高齢無業者の就職希望比率(高齢の無業者に占める就職希望者の割合)を都道府県別にみると、男性は東京都が最も高く(17.1%)、次いで大阪府、京都府(ともに14.9%)、女性も東京都が最も高く(8.6%)、次いで京都府(8.5%)、大阪府(7.9%)の順であった。
 高齢就業者について産業別にみると、「農業、林業」が101万人と最も多く、次いで「卸売業、小売業」が96万人である。高齢者が就業者全体に占める割合を産業別にみると、やはり「農業、林業」が45.1%で最も多い。現在、農業、林業は高齢者によってかなりの部分が支えられていることが浮き彫りにされた。
少子・超高齢化によるわが国の年齢別人口構成および産業別社会構造をみるとき、現在は何とか持ち応えていてもこの先、10年、20年後の生産者人口の少なくなった高齢化社会をどう支えていくのか、全国民に突き付けられた課題である。
(NH)
(2013年9月18日 No0004j)