HOME 知ってもらいたい医学用語の基本

<特集>知ってもらいたい医学用語の基本 

 医学・医療に関わる情報が溢れている。しかし、病気に関わる学術用語の基本が理解されていないために、それらの情報が誤解される恐れが多分にある。例えば、ガンと言えば死に至る怖い病気というイメージはあっても、ガンの医学的定義を知らずに、溢れる情報に接しているのではないか。そこで、沢山の種類の病気がどのような科学的な根拠のもとで、名前が付けられているのかを簡潔に説明する。

(1)腫瘍 その1

 まず「腫瘍」について解説する。腫瘍と「腫瘤」とは異なる。「腫瘤」とは、病気の種類が何にであれ、体や臓器の一部に塊が生じている状態である。従ってこれから述べる腫瘍によって腫瘤が生じることもあるが、腫瘍でない他の病気で.....続きを読む

(1)腫瘍 その2 腫瘍名の基本 −胚葉とは、上皮とは、
                     非上皮(間葉)とは、癌とは、肉腫とは?

 腫瘍には良性と悪性とがあり、良性腫瘍と悪性腫瘍の基本的な違いを述べた。しかし実際には、現在の人間の知恵では良性か悪性か判断できない境界病変borderline lesionと呼ばれる病変も存在する.....続きを読む

(2)変性と壊死そしてアポトーシス

 変性と壊死を合わせて退行性変化と呼ぶ。これは生きている細胞や組織が病的な方向に進んでいる状態のことである。原因は何であってもかまわない。変性とは、原因となるものが無くなればその細胞や組織は元の元気な状態に.....続きを読む

(3)炎症

 鼻炎とか、胃炎とか、肺炎という医学用語は日常的に使われている。臓器や組織名の後に炎がついていると、その臓器や組織に炎症が起こっているということである。それでは「炎症」とは何か。炎症とは、何らかの原因.....続きを読む

(4)循環障害 その1

 血液やリンパ液は体の中を均衡を保ちながら循環している。その均衡が破れた異常な状態を循環障害といって、多くの種類がある。
 血液は呼吸で得た酸素及び消化管で消化・吸収されものや.....続きを読む

(4)循環障害 その2 −側副循環と梗塞

 動脈は木のように1本の幹から複数の枝が出ているものばかりではない。1本の幹から枝分かれした細い枝が、隣接する他の幹からの分枝と連結していることが多い。これを「吻合」と呼ぶ。吻合によって、1本の動脈が閉塞しても.....続きを読む

(4)循環障害 その3 −脳卒中とは?

 脳卒中とは脳の循環障害により、突然意識を失って倒れ、深い昏睡状態に陥る症状である。これには、(1)脳梗塞、(2)脳出血、(3)脳動脈瘤の破裂がある。  脳梗塞は脳を養っている動脈が閉塞して酸素を運ぶ血液が流れ.....続きを読む